イケオメン日記

いけてるお面のイケオメン。お面好きの大学生です。ツイッターが辞められないのでここで文を書きます。

やっていきましょう

僕の推し、借金玉氏の決め台詞です。

 

この言葉すごいんですよ。一定層にぶっ刺さります。

 

僕もぶっ刺さりました。

 

浪人()しながらお金を集めて暇な友人を誘ってバカ安い物件借りてお店やってる時にはよかったんですよ。お家では一応勉強します。

店も赤字は出ない。勉強もまあまあやってる。朝はコーヒーを飲む余裕があるし、Twitterは楽しい。

 

まあ今考えれば終わりかけてはいたんですけどね。

 

しばらくすると家賃が安い原因が集まってきて一瞬で店は潰れます。

あっという間です。

 

ああ、もう。

 

借金は残るし、そういえば俺進路も決まってねえな。

平たく言うとこれだけです。

 

何も残りません。

やけくそです。あとちょっとでどうにでも慣れって思ってしまうところでした。というか思ってました。

 

数ヶ月全く何もできない日が続き、鬱は悪化の一途を辿ります。

寒くなってくるともうおしまいです。

まあもう飽きたきたし、元気が出たら死ぬかあ、みたいなのもチラついてきます。

 

そのころに唯一できたのがTwitterを見ること。見てるのも辛いんですけどね。

 

で、借金玉氏に出会います。

 

 

だんだん回復、勉強もはじめました。

借金は友人が払ってくれています。ごめん。

 

辛い時にかけられて辛かった言葉が「がんばれ」です。

がんばれないのが辛いのでこれはもう的確にずれて言葉です。これ以上なく悪い角度で突き刺さってきます。

 

僕を人生のどん詰まりから(19のくそガキの主観なのでもっと詰んでる人もいるでしょうが)救ってくれたのはこの言葉でした。

 

やっていきましょう

 

どんなに辛くても生きていくしかないし、生きていくためにやっていきましょうって意味だと勝手に解釈しています。

 

辛い時は、休んで。余裕ができたら、やっていきましょう。

 

 

今日も最後までありがとうございます。

 

それでは、また。